読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵を焼くために、わたしは生きているのだ

今より先に、失望も絶望もない。

春がすぐそこにやってきた

月は笑ったことがない

「春だよね」

「春だねー。お花見いいよねえ」

「咲いてきたね」

「爆竹ドンパチで桜餅に芋焼酎どぶろくで街練り歩くカーニバルみたいな」

「変わったお花見だよね」

「うちの地元だけ?」

「かなあ」

「パン食べまくりもないわけ? 白いお皿の」

「春のパン祭りかー」

「山崎さんちの」

「業者かー」

「祭りといえば今日はひな祭りだし」

ハマグリ食べた?」

「うーん。国産は高くてさ。ムールかホンビノスでごまかすかって」

ムール貝は特徴あり過ぎてばれるでしょう」

「かなあ。そしたら牡蠣なら高級だし」

「ごっつごつだよね」

「春っていえばイースターわっくわくだよね」

「なじみないなあ」

「卵転がして卵に色塗って卵を食べて。もう樹! ポムの樹

「卵ばっかじゃない」

「だからポム」

「ポムはどうでもいい」

「それよりもエイプリルフールやばくね?」

「やばくない」

「今年はどうしよっかなあ」

「本気で考えているんだ?」

「去年はさ、資金洗浄に失敗しちゃったんだ。お母さん頼むよ俺だよ俺」

「詐欺やっちゃった?」

「電話一本で300万だぜ?」

「肉親を貶めるなって」

「今年はあれかな、お母さん大変なんだ、ブレーキとアクセルを間違って幸福の科学に突っ込んで」

「突っ込み先が問題だ。いやほら、また詐欺だ」

「突っ込んだ先も詐欺で」

「やめろ」

「だからATMから400万をお母さん助けて生き血を吸われる」

「いろいろなところで間違ってる。うん。全部やばい」

「パン祭りどころじゃない?」

「山崎どうでもいい」

「とにかくお母さんから400万」

「なんか新しい相続税対策の手法なの?」

「祭りといえば、ハルキストの祭りだったね」

「なんだよそれ」

「知らないのかよー。ハルキスト」

村上春樹?」

「春の村上本祭り」

「そっか」

「白い皿がもらえるかもしれないしもらえないかもしれない。そもそもそれが白だったかもわからない」

「うん。なんでもいいや」