卵を焼くために、わたしは生きているのだ

今より先に、失望も絶望もない。

得意料理

「得意な料理ってある?」
 
「肉じゃがにあえて肉を入れないという肉じゃないじゃがオンリーみたいな」
 
「特異な料理じゃないんだ。最初からやれやれなのは困るんだ」
 
「得意料理ってさ、肉じゃがだとか煮魚、イカと里芋の煮物とか、そういうのがもてはやされるよね」
 
「まあほら、家庭的な料理じゃない」
 
「少なくとも肉じゃがなんて料理なんて胸を張るほど難しくないからね」
 
「そういうこと言うなよ」
 
「そもそもカレーやシチューなんてのは作業だから。あんなもの工程ふめば子どもでもできる。料理ですらない」
 
「そうかもなんだけど」
 
「ハッシュドビーフ? 具材減る分カレーよりも簡単じゃんかよって」
 
「やめろ! 調理陣営を敵に回すな」
 
「クレアおばさんが気になって仕方ない」
 
「それは同感だ。クレア領域がどんどん広がって、そろそろサンタクロース的な実物を求める声が出てきている気もする」
 
「煮魚だってね、出汁の素なんか入れてると簡単にそれなりの味になるわけよ」
 
「それなり、の味ね」
 
「そうそう。大林素子のような大味」
 
「言うな」
 
「うま味調味料、つまり化学調味料は無難な味になるんだけど、結局後味が一緒なんだよね。だから飽きる。飽きて浮気したり薬に手を出したり」
 
「だからやめろ。高島的な話もいらない」
 
「得意料理がペペロンチーノです、なんて女性がいたらそれこそ賭けだよ」
 
「なるほど。シンプルなだけに難しいということね」
 
「全部言うな」
 
「ごめん」
 
「ペペロンチーノを簡単に美味しくするならオリーブオイルを馬鹿みたいに使うことなんだよ」
 
「ふむ」
 
「でもそれじゃあ健康を害する。するとどう工夫するのか、単純な味付けだけに、塩と唐辛子、隠し味の胡椒の兼ね合いが難しい。いっそのことハーブを使うのも手なんだけど、バジルにせよセージにせよ、もちろんタイムやオレガノを投入してもいいのだけど」
 
「長いな」
 
「パスタ?」
 
「話だよ」
 
「ちょっと熱くなった。でまあ、この人は料理上手なんだって安心できるメニューは、和食だったらブリ大根とかね」
 
「なるほど。下茹での工程とかね、大根に米のとぎ汁とか、細やかな点がね」
 
「冬瓜の煮びたしとか」
 
「ははあ」
 
「繊細な料理ね。逆に極端に難易度の高いものとか」
 
 
「リオかよ。頭の中ハッピーなオリンピックかよ。絶倫かよ」
 
「五輪だよ」
 
「その路線だと、グラタンでなくあえてラザニアとかね」
 
「あー」
 
「ラザニアは少々料理が得意ですってレベルでは作りたくないほど工程が多い」
 
「ミートローフとかね」
 
「あるね。そもそもミートローフの需要がないのに作るっていう根性がすごいよね」
 
「そこまで言うな」
 
「ローストビーフはフライパンでも簡単に作れるから、ここでは却下しておく」
 
「おまえは何様だ」
 
「いかさまだ」
 
「つまらない」
 
「パエリアとかね。そういうのは得意と言われたら警戒したほうがいい」
 
「そうなの? 手の込んだ料理じゃない」
 
「だから違うんだよ。普段作る料理はもっとシンプルでないと。そもそも夕食に一時間待たされるとかね、そういう事態が待っていたら家庭崩壊するから」
 
「手早く、美味しく、凝りすぎずにってことか」
 
「そうそう。もうほんとに奴、とかね」
 
「夏はいいよねえ」
 
「ビールに枝豆、奴、至福だよね」
 
「ビールなら餃子も最強」
 
「だね。でも餃子が得意って人も要注意だ」
 
「そうかな。餃子はそこそこ手もかかるし」
 
「ていうか宇都宮か浜松だろう?」
 
「消費量か」
 
「どっちも田舎じゃん」
 
「言うな。そういうことは言わない約束だ」
 
「逆にカレーを一から作る人も怖いよな」
 
「そうでもない」
 
「隠し味とか言いだしたらもう容疑者だよ」
 
「そこまでかな」
 
「チョコだの珈琲だのさ。チャツネにトマトだの、隠れてねえじゃんって話にもなるわけで」
 
「長いな」
 
「長いよね」
 
「終わりどころを完全に逃したよね」
 
「逃した。料理ってのは手際なのにな」
 
「そう、要は手際なんだよ」