読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵を焼くために、わたしは生きているのだ

今より先に、失望も絶望もない。

トランプの覇権もしくはWiiUの反撃

月は笑ったことがない

トピック「イギリス」について

 

「しかしさ、ついにイギリスがEUを離脱したじゃない」

「その前に樹木希林は現世を解脱したけどな」

「それはいい」

瀬戸内寂聴もだった!」

「それもいい。そういう話はロスタイムでやれ」

「試験前にさ、俺全然勉強してないんだよって毎回言う秀才のその言葉がロスタイムだよな」

「うん。よくわかんないけどそういうことでいい」

「お茶とか煎れてさ、おいしくなあれ、とか言っている奴。もう頭の中がロスタイム」

「悪口に使うな」

「え? ユニクロなの? やっぱ服じゃないわ。体型だわって感心している奴こそロスタイム」

「もう離れろ! ロスタイムどうでもいいわ」

「で、なんだっけ。あんたが気にしているの。イギリスがEUを離脱してロスタイム?」

「なんだか不安だよね」

「具体的に何が起こるのさ。ロビンマスクが商標登録で使えなくなるとか、そんな感じ?」

「それならいいよな。それだけなら世界は平和だよな」

「しかしさ、ロビンマスクアトランティスに負けた衝撃といったらさ」

「どうでもいい。経済への影響とかさ、そういう」

ゆでたまご馬鹿にすんじゃねえぞ」

「してないって。ロビンマスクとか持ち出すなって話だよ」

「おまえさ、ゆでたまご先生は吉野家永久会員だぞ」

「どんぶり持ってったけど食べられなかったとか話題になってたじゃんかよ」

「それはあれだ、ホールディングス側が悪い」

「なんで急に屋号外してくるんだよ」

「2007年な。ホールディングスになった」

吉野家どうでもいいわけだ。今はイギリスだ」

「アリとイギリスだよ。所詮」

「うまいこと言ってないからな。別にイギリスは働き者でもなんでもない」

「イギリス人てさ、仕事を定時で終えると、あたりまえのように酒を飲みに行くんだって。バールっていうの?」

「へえ。誰の情報だよ」

「誰だっけな。リアカーみたいな名前の選手でゴール前の嗅覚がすごいすごい」

「どうでもいいや。それで?」

「驚いたのはさ、話にいちいちオチがないとダメなんだって」

「アメリカ人でなく?」

「うん。そういうオチでなくてね、笑いとかじゃなくてきちんと話が完結しないとダメなんだって」

「そういえば、バラの植え込み、その配色で小一時間盛り上がるんだって?」

「それは知らない」

「乗ったら突き落とす。そういう悪質な性格だよな。あんたって」

ウイスキーとか安くなるんじゃない? あと洋服だとか」

「一気に戻すねえ。離脱の件かよ」

「寂聴解脱。尼で~肥え~」

「いろいろ巻き込むな。唐突に演歌界までまじえた壮絶な悪口やめろ」

「イギリスが離脱して何が困るって、プレミアリーグが困るよな」

「お、やっと本題に入ったか」

「EU枠じゃない選手が相当数出てくるわけで、するとその選手たちは在籍できなくなる」

「的確! お見事だよ」

「でもほかにデメリットあるの? 不味い食事は不味いままだろう?」

「かもだけど」

「霧も晴れない」

「だね」

「暗い」

「照度検査?」

「食べるものがない? だったら吉野家を食べればいいじゃない」

「アントワネットさんだ。国違っちゃった」

「でもまあ、数年後にはさ、かつてイギリスがEUだったなんてことも忘れちゃうんだよ」

「そうであればいいけどな。平穏に」

「ほら、ドリームスカムトゥルーだって3人だったじゃない」

「あー忘れてた」

箱根駅伝の優勝校なんて、この五年分言える?」

「言えないやー。東洋か青学か早稲田? 的な」

日体大忘れてんじゃねえよ!」

「悪かったよ。怒るなよ」

「別に体育ばっかやってるわけじゃねえんだよ」

「知ってるよ。大きな誤解だよな」

任天堂だって昔はトランプの会社だったじゃない」

「懐かしいよなあ」

「何の話だっけなあ」

「もはやわからなくなっちゃったよなあ。Wii U?」

「すごいなああんた。任天堂で誤魔化すんだあ」