読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵を焼くために、わたしは生きているのだ

今より先に、失望も絶望もない。

感情の代償

感情を表に出してはいけない。わたしは毎日心がけている。

先日のことだが、無理難題を吹きかけてくる上司に、つい反抗してしまったのだ。

こんなことばかりできませんと、声を荒らげてしまった。

その夕方に、国民的アニメであるサザエさんの放映中止が決まったとニュースになった。

抑えようとすればするほど、その反動は大きくなるものである。

電車内だというのに携帯電話で話している若者がいた。

別に人と会話している乗客だってたくさんいるのだから、携帯電話だって構わない。そうわたしは思っている。

しかし声が大きすぎた。下品な笑い声を上げ、明らかに周囲は不快そうであった。

思わず「やめなさい」と男に向かって言い放ってしまった。

怒りをこめたそのひと言を口にした瞬間、しまったと思った。

男は素直に謝り、すぐに携帯電話をしまった。それでもわたしの心は晴れなかった。

駅に降りると、空からテルテル坊主が降ってきた。

ぽとりぽとりと、白いテルテル坊主が落ちてくる。

これでまた、不可思議なニュースをひとつ提供してしまった。

わたしが感情を露わにすると、この世の中で起こりえないはずのことが起きてしまう。

同僚の若林さんへの憧れだけは、止められなかった。

友人とそのまた友人と飲みに行ったときに、若林さんとは懇意になることができた。

誠実そうでよく笑い、ちょっと不器用なところが可愛らしくて、わたしはやはり彼を好きだと思った。

この感情は、止めることができなかった。

翌朝のニュースで、日本中のエビがエビフライになったという報道があった。

わたしは頭を覆った。

なぜなのだ。世界に変化が起きるとしても、なぜ微妙に負の変化しか起きないのか。

職場で若林さんを見つけるたびに、その姿を追った。

時には勇気を出して話しかけることもあった。

話してみれば、彼は笑顔で応じてくれた。そして趣味のことなんかも話すことができて、日に日に距離は縮まっていくのだった。

そして変化は起き続けた。

日本中の起き上がりこぼしが寝たきりになった。

猫は長靴を履くようになった。飼い主が脱がせようとして噛まれる事故が多発した。

牛丼チェーン店がこぞって値上げ競争を始めるようになった。

東京ディズニーランドは千葉ディズニーランドに改名してしまった。

それでもわたしはこの恋心を止めることはできなかった。

だって、世界を変化させないためにわたしは天涯孤独に生きろというのか。それではあんまりだ。

その日も若林さんと話した。思い切って食事に誘ってみた。もちろん、と彼は承諾してくれた。

北島三郎が、レコード大賞の新人賞を獲得した。

それからのわたしたちは、ゆっくりと降り積もる雪のように、愛を育んできた。

関西人がお好み焼きを食べなくなり、納豆の消費量が日本一となった。

東京湾で流氷が観測された。

そして夜景のよく見えるレストランで、若林さんは結婚したいと言ってくれた。

二度も噛みながら。そんな姿が、やはり可愛らしいと思った。

わたしは幸福の絶頂にいた。これ以上の幸せはないのかもしれない。

わたしは今、人生でもっとも輝いているのかもしれない。そう思った。

翌日、若林さんという存在は、消滅した。