読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵を焼くために、わたしは生きているのだ

今より先に、失望も絶望もない。

二十歳の原点

 高野悦子さんが書いた本です。他の方がブログに上げていて、ふと自分にとっても大切な一冊だったことを思い出しました。

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」

 当時わたしは大学生で、彼女の生きた時代は学生運動が盛んな、わたしのぬるま湯の大学生活とはまるで違う時代の話でした。

 物語ではない日記で、生々しく、心をえぐられるような言葉たちが並んでいました。

 わたしも一時期日記を書いていました。

 恥ずかしい。

 誰かに見られたら恥ずかしいことばかりが書かれています。

 でも二十歳の原点を読んで思ったのです。

 そもそも生きること、それを脚色なくきちんと素直に表現すれば、恥ずかしいことばかりなのです。

 生きることは恥ずかしい。言いかたが悪いですが、恥の連続が生きるということなのだと、そのことに気がつきました。

 高野悦子さんは自殺します。

 若く、生きていることの理想と現実のギャップに苦しみ、自殺します。

 そのことについて賛否はあるでしょうが、しかし彼女の残している言葉たちは、詩は、読む者の心を深く深く問いかけてきます。

 生きる、いや、生きているということはどういうことなのか。

 生きるというほど自発的にわたしたちは日々を生きているのか。

 生きているという状況の連続ではないのか。生きているだけなのに不満ばかり述べていないだろうか。

 根源的に、わたしはなにを求めているのか。どこに幸せがあって、なにを希求しているのか。

 我儘だけがわたしなのでないか。

 とても考えさせられる作品でした。

 考えてもなお答えの出ないことだとわかっているのに、わたしの心の一部が、悲鳴をあげるほどに美しく透明な、心を持った彼女の言葉に痺れたのでした。

 

 

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine